悪性リンパ腫経過観察2006年9月

退院後、初めての外来

2006年9月4日

退院後、10日経ちました。今日は外来で血液腫瘍科と眼科を受診しました。血液検査などの結果、特に異常はないということでした。
しかし、それは退院時から悪化はしていないという意味に過ぎないのでしょう。母の報告からだけでは、いまいち今の状態(寛解or非寛解)がよく分かりませんでした。

年末にと言っていた移植を、来月10月にしようという話が出たそうです。
母としては年内のできれば早い時期に終わらせて、スッキリしたいという気持ちがありましたし、これから冬本番という時に移植前の大量化学療法で免疫力がゼロになって、インフルエンザなどの感染症にかかりでもしたら、それこそ一大事なので、時期が早まることになって良かったと思います。
移植の実行日などについては、次回外来の時(来週)に決定されるようです。

退院して自宅に戻ってからは、当たり前ですが、自分でやらなければいけないことが増えました。家事などももちろんですが、食事(食べること)や健康管理も全て自己責任です。そうは言っても、味覚は少しマシになってきた程度のことだし、胃が小さくなっているせいか、口から栄養を摂らなければ・・・と分かっていても、なかなか難しいようです。
相変わらずフラフラしたままなので(栄養失調?)、点滴を打ってもらったら、多少改善されたようです。

2006年9月11日

1ヶ月ぶりに帰省しました。お土産にマルチビタミン&ミネラルと亜鉛のサプリメントを買って帰りました。

退院してから2週間が経ちましたが、2~3日くらい前からやっと起き上がって、体を動かせるようなったようです。それまでは家事もほとんどできず、ほぼ寝たきりの状態だったようです。
目も相変わらず見えないままなので、手先を使うこと(書いたり、縫い物をしたり)もできず 何かやりたくてもできない状態なので、そういったことも原因としてありますが・・・。

フラつきもなかなか改善されないようです。4日の外来時に、フラつきの原因として水分不足を指摘され、意識的にスポーツ飲料で水分を補うようにしていますが、口から摂るにはやはり限界があるようです。

2006年9月12日

普段は買い物に出掛けることはないようですが(父に頼んでいるようです)、久々に行きました。髪の毛はまだまだ生えてくる気配はなく、抜け残った髪がチクチク立っている程度なので、バンダナを巻き、その上に帽子を被り、マスクをして、一見怪しそうな格好で出掛けました。

この4ヶ月で足の筋肉がすっかり落ちてしまったので、少し歩いただけで、かなりの負担になったようです。スーパーの食料品のフロアを歩いただけなのに、足が痛い(=筋肉痛?)と言っていました。でもこうやって少しずつ鍛えていくしかないのでしょう。

外来受診

2006年9月13日

今日は外来受診日だったので、母に同行しました。予約時間の約1時間前に行き、まずは血液検査を受けました。診察の時に血液検査の結果が必要なので、それに間に合わせるために早めに行かないといけないようです。血液検査の結果は、良くも悪くもないと言ったところでしょうか。退院時から悪化することもなく、良くなるわけでもなく。
ただかなりの貧血だったようです。退院前にも何度も輸血を受けたりしていたのですが、それ以降、悪くなったのだとすれば、やはり食事がきちんと摂れていないせいでしょうか。

再入院の日程が決まりました。来月10月10日に再入院、17日頃、自家移植が行われることになりました。4日間くらい連続で大量抗がん剤を投与した後、全ての数値が底を打った頃に、6月に採取した抹消血幹細胞を入れるようです。
自家移植の場合、標準的な入院期間は3~4週間程度という話でしたが、母の場合、今までの経過を見ていると(白血球の回復具合や輸血などの副反応)、それよりは少し長引くのではないかな?と思いました。

移植後、最低3ヶ月くらいは生ものが食べれなかったり、衛生面でかなり気を使わないといけなくなるので、主治医の先生はしきりに『温泉に行ってこい』と言っていました(多分、先生自身が行きたいのだと思いますが・・・)。再入院までのあと1ヶ月、今のうちにできること、やりたいことはしておくように、ということなのでしょう。

2006年9月15日

昨日あたりから、左目の下目蓋の周辺が少し腫れています。先日の外来受診で特に異常はなかったので、悪性リンパ腫の腫瘤によるものではないとは思いますが・・・。
右目は8月の退院直前に異常が現れた頃から、少し腫れぼったくはなっていますが、それと同様のものでしょうか?

外来受診

2006年9月27日

2週間ぶりの外来です。前回の外来の時に、10月10日の再入院の時まで間が空くのが不安だという母の希望から、今日受診することになりました。
いつもなら父か私が自家用車で送り迎えをするのですが、今回は父が出張、私も3日後に引越しを控えていて帰ることができなかったので、母は4ヶ月ぶりに『自分で車を運転して病院に行く!』と張り切っていました。

ところが、視界の霞みも残ったままだし、何よりも手足の痺れが以前にも増してひどくなってきたようで(栄養失調のせいらしいです)、とてもじゃないけど車の運転なんてできる状態ではなかったようです。
いつも良くして下さる近所の方たちが、母の送り迎えをしてくれたそうです。本当にありがたいことです。

ページトップ

闘病記録2006年10月(自家移植)へ進む

Copyright(C)2006-2014 AKIKO. All rights reserved.