悪性リンパ腫の告知2006年5月

生検

2006年5月1日

今日は生検。いつもは母が自分で車を運転して病院に行くのですが、さすがに今日は私が送り迎えをしました。
検査が終わり、迎えに行くと、顔全体を覆うように×(バツ)形に絆創膏が張られていました。実際に切ったのは1cmくらいのようでしたが、目立つ場所なので、後の傷跡のことなども考えて、かなり細かく丁寧に縫って下さったそうです。麻酔が切れても、痛みはそんなに無かったようです。傷の回復具合を診たり、消毒をしてもらうために、毎日のように病院に行かなければいけないそうです。

悪性リンパ腫の発生場所によっては、生検のために全身麻酔の手術が必要なこともあるみたいなので、その点は局所麻酔で出来てラッキーだったと思います。

告知

2006年5月5日

ゴールデンウィーク真っ只中、今日も母は病院に行きました。1日の生検の結果はまだきちんと出ていないのですが、途中経過が出たので、結果を聞いてきたようです。悪性リンパ腫でほぼ間違いないと告知を受けたようです。

自宅に戻っていた私は何も知らないまま、今日は子供の日だったので、ケーキを作ったり、寿司パーティをしたり、のんきに過ごしていました。

2006年5月9日

母は1日の生検の結果を聞きに病院に行きました。昨日、電話で話をしていた時、『もしかしたら悪い病気かもしれない』と言っていたのが気がかりで仕方ありませんでした。 母からの連絡を待っていたけれど、一向に無いので、不安が確信に変わりました。私の方から電話をしてみると、母は『悪性リンパ腫だった』と一言言いました。ガンってこと?頭の中が真っ白になりました。
今どんな状態(病期)なのか?治るのか?聞きたいことはたくさんあったけど、さらに検査をしないと詳しいことは分からないと言っていたし、今の母に、こんな言葉(不安)をぶつけるのはどうだろう?と思って、すぐに電話を切りました。大変なことになってしまった・・・夢なら覚めて欲しいと思いました。

私はすぐネットで悪性リンパ腫について調べました。白血病と同じ血液のガンであることは、すぐに分かりました。しかし約30もの型があり、型によって病状や治療法も全然違うし、書いてあることと言えば、生存率がどうのこうの・・・とかそんな嫌なことばかり。明日も検査があるらしく、さらに詳しい結果が11日に説明されると聞いたので、急遽明日から帰省することにしました。
その時は分からなかったけれど、詳しく調べるというのは、悪性リンパ腫の型を特定するということだったのではないかと思います。

CT撮影

2006年5月10日

今日は造影剤を入れてCT撮影をするので、検査に同行しました。上半身に転移がないかを調べるそうです。
検査は比較的早く、部屋に入ってから出るまで10分もかからなかったと思います。造影剤を入れたので、足元がふらつくと言っていました。今日のCTの結果も含め、明日、外来で詳しい説明があるので、明日も母と一緒に病院に行きます。
ゴールデンウィークに帰省した時には全身症状は無かったのに、ここ数日、体がだるかったり、熱が出たりするようになったようです。

9日以来、極度の緊張とストレスのため、お腹を下したり、食欲が無かったり、何だか私が患者になったような気分です。

血液腫瘍科

2006年5月11日

今日は外来で、生検から昨日のCTまで、今まで受けた検査の説明がありました。外来受付機で受付をして、出てきた受診票を見ると、皮膚科の受診予約の他に血液腫瘍科の受診予約が出ていることが分かりました。既に血液腫瘍科の方に回されたようです。
今までお世話になった皮膚科の医師から、検査の結果『悪性リンパ腫です』と再度告知されました。そして悪性リンパ腫とはどのような病気なのか簡単に説明をがあり、あとは血液腫瘍科で詳しく聞くように言われました。

血液腫瘍科ではさらに詳しく説明がありました。母の今の状態は、右の下目蓋付近に影(腫瘤)があり、一部骨に浸潤して骨を溶かしているが、昨日のCTの結果では上半身への転移はなく、病巣は下目蓋付近に限局しているそうです。右顔面が腫れているのは、腫瘤が周辺を圧迫して水が溜まっているかららしいです。
悪性リンパ腫にはいろいろな型があり、まだ詳しく特定するに至っていないけれど、今のところ【B細胞性】であることが分かっていると言われました(後にT細胞性とひっくり返ります)。 B細胞性の場合は4~5年前に認可された薬(リツキシマブ)を使って治療ができるので、非常に効率良く、治療成績も良く、完治が充分見込めるということでした。それを聞いて安心しきっていました。

この病気に症状に気付き始めた頃のことや過去の病歴など問診をしながら診察がありました。医師は『ものすごく早いな・・・』と言いました。母の病気の進行はものすごく早いようなのです。即入院治療が必要で、今日の午後から入院になりました。
母は23年前に乳ガンを患っていて、右乳房とリンパ節を全摘出しています。23年前のことなので、今回の悪性リンパ腫は再発ということではないようです。しかしながら、またガンを患うなんて、母はガン体質なのでしょうか・・・。

ページトップ

闘病記録2006年5月(入院)へ進む

Copyright(C)2006-2014 AKIKO. All rights reserved.