母の闘病日記2006年9~12月(移植前後)

9月3日(月)(116日目)
運動会。(地区の運動会)
9月10日(日)(123日目)
私の体がまだあまり動けなく昭子達が広島から来てくれている時の事。昭子は風呂掃除をしていて手が離せないとき、祐真がお昼ねから目が覚めて泣くこと。翔大と二人できげんとりをしてもダメ。すると翔大が『バァ、おっぱい1つあるでしょ。それを祐真君にのませてやって』『え~』そのうちない方は、ペタペタたたいてひっこめたのかとの質問。いままでは風呂の中でふしぎそうな顔をして、背中をみて『ナイ、ナイ、どこいった』と言っていたのに。ちょっと変ったナ・・。
9月23日(土)(136日目)
西村マンションの内覧会。8時に出雲を出発。2時間30分で到着。早めの昼食は翔大君の大好きなおすし。いくらばかりではなく、他のものにも手がのびるのにビックリ。祐真はまきものばかり。マンションにも早目に行った。子供2人いると引っ越しは大変。おもうように出来ないものね。今回は手伝ってあげられなくてざんねん。
9月24日(日)(137日目)
やっと岡田さんに本をかえした。10月の食事会に行こうとさそわれていたが、日程的に無理らしい。これも残念。
9月25日(月)(138日目)
中林さんがTELをくれ、久しぶりに長く話してしまった。申し訳ない。伊東さんにも本をかえしたいのでTELしておいた。明日、来てくれるらしい。
10月10日(火)(153日目)再入院1日目自家移植の為の入院
2度目の入院。これで終りますように。3時までにシャワーをすませておくように言われ、3時から点滴の準備が始まった。胸から点滴をする。
10月11日(水)(154日目)再入院2日目
お父さんに来てもらって、こんどの治療についての説明や無菌室の見学、説明と持って入るものを準備。3%にはならない。70%になる。(移植関連死亡率が約3%あるとの説明を Dr.より受けていました)
10月12日(木)(155日目)再入院3日目
8時にDr.がやって来た。抗癌剤がはじまり。今日から最後の治療。がんばらねば。よけいな事は考えず、がんばろう。明日から無菌室。お昼ごはんを食べていると、伊東・藤原二人が来てくれた。
10月13日(金)(156日目)再入院4日目
秋ばれの良い天気。きのうからこの部屋は個室状態。こんなならいいのに。びっくり。薬を入れると目のはれがなくなる。この状態がつづくと良いけど。無菌室に入る。
10月17日(金)(160日目)再入院8日目
自家抹消血幹細胞移植 移植がはじまる。
10月31日(火)(174日目)再入院22日目
8階の4人部屋にもどる。
11月3日(金)(177日目)再入院25日目退院
退院。ゆっくりしか歩けないので車イスで退院。休みの日なので支払いしないで帰る。
11月13日(月)(187日目)
初回の外来。何の治療もなく終った。
11月24日(金)(198日目)
外来受診。診断書が出来たと連絡があったので、2通、もらって帰る。
12月1日(金)(205日目)
退院後、はじめての買い物。歳暮、見舞いがえしをすませた。ゆっくり買い物もしたいナ・・・。
12月4日(月)(208日目)
五十鈴さんと久しぶりに話した。TELしようと思いながらやっと。ゆきえさんにもやっとした。
12月5日(火)(209日目)
空はどんより山陰の空。太陽が出ないかナ。
12月8日(金)(212日目)
通院。高橋さん(8階)のところで1時まで話し、CTに行った。帰りにお見舞い返しのお菓子を買って帰る。ご近所からお返しを始める。
12月9日(土)(213日目)
仕事かんけいの所も終り。ほぼ済。
12月11日(月)(215日目)
昭子達が来てくれた。
12月12日(火)(216日目)
祐司のたんじょう日。
12月16日(土)(220日目)
広島に帰った。ゆきえさんより、いろんなものを送ってもらった。ありがたいこと。午後からぼうこうえんの症状。月曜日までまとうかと思っていたが血がまじって来たので救急外来へ。受け付けの前でステンとみごとにころんだ。
12月17日(日)(221日目)
カーテンが届いて、部屋が明るくなった。(母の要望でリビングの新しいレースカーテンを注文していました)
12月18日(月)(222日目)
三成の奥さんよりポインセチアの鉢植えを送ってもらった。
12月19日(火)(223日目)
ヒニョウキカに行って来た。くすりをかえてもらって、こんどの月曜日まで様子をみることに。この次にはCTもあるし、もりだくさんの視察。
12月20日(水)(224日目)
しびれがますます、ひどくなるような気がする。口のまわりがしびれてびっくり。マッサージをしていると口のしびれはとれた。
12月25日(月)(229日目)再発1日目再発入院
外来の日。またまた入院。今日は祐司に一緒に来てもらっていたので、お父さんに車で玄関まで送ってもらい、祐司にくるまイスで院内につれていってもらった。心強かった。午後は入院。点滴はじまる。
12月26日(火)(230日目)再発2日目
今日から治りょうはじまる。チビチャンからの荷物が届いたらしい。
12月27日(水)(231日目)再発3日目
朝、祐司が届けてくれた。おかしとクリスマスプレゼントとしてお見舞い入っていた。夕べ、ヒ尿キの先生が来てくれた。予定どおり、弱いくすりから始めることになった。
12月28日(木)(232日目)再発4日目
2人とも飲み会とかで、お父さんを送ってから松江に向うそう。
12月29日(金)(233日目)再発5日目
10時頃から説明、治療がある予定。
12月31日(日)(235日目)再発7日目
宏樹が帰ってくるらしい。心配かけるナ・・・。皆にもうしわけない。

ページトップ

母の闘病日記2007年1~3月(再発)へ進む

Copyright(C)2006-2014 AKIKO. All rights reserved.