母の闘病日記2006年8月(入院)

8月1日(火)(83日目)
今日から8月。古志まつりでも花火はないらしい。上流の水害はひどいので仕方ないだろうな。夕方から点滴がはじまるそうだ。昨日は眼科、今日は耳鼻科の先生に見てもらった。
8月2日(水)(84日目)
エアコンは室外機を取り替えらしい。午後にもう一度来ると言う事で、お昼まえ病院に来てくれた。つけものをもって来てもらった。つけものがあると、ごはんは食べられる。Dr.、看護士、薬剤師と皆、今日までが最高だから、食べておくようにと言われる。私はこんどのくすりは今までのような事はないと自分で思っている。
8月3日(木)(85日目)1日目/5クール
今日も良い天気。本日より抗癌剤が始まる。がんばるぞ。伊東、藤原両人が来てくれて、12がだいぶん過ぎたところまでいたので、ちょっと時間が気になった。午後には高塚さんが入院して来られた。夕方には向田さん(浜田の方)が退院といろいろあったので、気分が悪くなるひまがなかったかな。まだまだ元気で食欲もあるし。1日目が終った。
8月4日(金)(86日目)2日目/5クール
朝のうちにシャワーもすませた。今のところ快調。影山さんがみかん、神田さんがコーヒーゼリーと持って来てくれた。だんだん体重が増えてくるけど、今はいいのかナ・・。
8月5日(土)(87日目)3日目/5クール
少しずつ出て来たような気がする。まだ大丈夫。ポーッとした感じが体にあるし、食べるものも少し少なくなったかナ・・。
8月6日(日)(88日目)4日目/5クール
洗たくものを持って来てくれた。10日~休みだそう。誰も10日からだけど時間はどうなるのかな?
8月7日(月)(89日目)5日目/5クール
本日で点滴終り。口の中がおかしくなって来ているが、今までのような事はなさそうなので、少しは食べられそう・・。
8月8日(火)(90日目)
入院生活90日。4/1を病院で過した事になる。早く帰りたいね。
8月9日(水)(91日目)
午後から849個室へ。クリーンとは違うので少しはましかな。早く出るぞ。宏樹達は夜出発したらいい。気を付けて・・。
8月10日(木)(92日目)
午後2時半頃、病院に宏樹達と、4時過ぎ、祐司の車の西村一家、にぎやかだったが。帰りに買いものをして夕飯の準備、どんなものが食卓に上るのやら。久しぶりににぎやかな夕飯だったでしょう。
8月11日(金)(93日目)
今朝Dr.よりここを出ても良いと言う指示があった。午後にはなると思うが自由の身。外だと翔大や祐真が来ても広いところへ行かれるし・・。昨日は部屋から出たがっていた様子。
8月12日(土)(94日目)
よしき君も今日から休みなので皆一緒に焼き肉パーティーでもしたらと言ったものの、夕方雨が降っているのにビックリ。TELしてみるとここら辺だけで、家の方はよい天気らしい。祐司は一次試験をパスしたそうで羽須美に届いている書類を取りに宏樹と行ったらしい。じぃじのいつも言うイケズキと言う一万円の酒を買って来るらしい。朝には梨がりもすませたそう。
8月13日(日)(95日目)
宏樹と真紀さんがもどる前に皆で病院へ来てくれた。(毎日来てるのだが)名古屋泊りで帰ると言っていた。昭子は本日より西村の方に行くようで気が重いようだ、がこれはいたし方ない。今日は斐伊川の花火の日で花火を見ているとメールが来た。昭子からで花火に「救われた」と言う事だった。部屋から見られた。ドーンの音でまどに行った。
8月14日(月)(96日目)
うなぎドックの写真が送られた来たが、ちっともそんなものいらない。夕方には着いたとメールがあった。昭子もイヤがっていたがもう一泊斐川に泊る事にしたようだ。祐司のホクロはとりあえず何でもないそうだが取る事になったようで予約は10月までいっぱいだそう。おかしなものでなくて良かった。(赤い輸血をした)(白血球300)(母は大のうなぎ嫌いでした)
8月15日(火)(97日目)
朝やきシュー(クリーム)を持って来てくれたので、いつものおやつパーティー。甘いものはおいしい。今日は西村一家もお泊りのようでにぎやかでしょう。
8月16日(水)(98日目)
祐司、西村一家が帰るので、じぃじはひとりになる。(昭子がいつも見ているのがこんなんだろうナ・・)眼科で診察を受けた結果、黒目のところに何かあるらしい。白内しょうではなくて良かった。目ぐすりで治るらしい。(左1.5)血小板の輸血3回目。私としては、それほど体調は悪くないんだけどナ・・・。
8月17日(木)(99日目)
Dr.は1週間休みだそうでかわりに他のDr.が来られるそう。岩下Dr.他には若山Dr.山田Dr.
8月18日(金)(100日目)
くもり空。台風のせいでしょう。白血球100、血小板1800だって。また血小板の輸血。2万くらいあると良いらしい。もう一息だな。
8月19日(土)(101日目)
目がすこしずつあかなくなって来てなんだか変、と言う話しを祐司が来ているときにしていた。その後1時間位してかな、きゅうに目がいたくて開かなくなってしまった。くすりを入れてもらって痛み止めをのんで夜は寝た。
8月20日(日)(102日目)
きのうよりすこしらくになったかも。birthdayなので祐司がケーキを買って来てくれた。病院でむかえようとは計算が違った。おいしかったよ。(57才)
8月21日(月)(103日目)
伊東さんが花をもって来てくれた。空気をきれいにするんだそう。きれいだしいいナ・・。夕方は神田さん、本とゼリーを持って来てくれた。いつも申し分けない。皆さんには心づかいしてもらって・・。5時まで話して帰って行かれた。お母さんの具合もあまり良くないみたいだし、藤原さんところもお父さんが入院中のよう。皆たいへん。
8月22日(火)(104日目)
目の痛みがおさまって来たのでいたみ止めから点眼薬にかえる事にした。なんこうなのでベタベタとして目があかないもの・・。すこしづつだが楽になってゆくが、目はやはり開きにくい。
8月23日(水)(105日目)
白血球4600、血小板58000。血小板は2万をこえれば輸血はないそうなので安心。目が早くなおって本でも読みたいナ・・。
8月24日(木)(106日目)
明日退院が決まる。きょうでも良かったみたいだが、眼科が明日検査があるのでそれで決まり。お父さん、休みだったので荷物を少しづつもちかえってもらった。
8月25日(金)(107日目)退院
やっと帰れる、と言っても良い事ばかりではないと思うが。目が早く治らないとね・・。本日退院。
8月26日(土)(108日目)
中国大会、中学校。祐司は広島へ。昭子のところからガスコンロをもって帰って来た。(吹奏楽コンクール中国大会、中学校の部開催)
8月27日(日)(109日目)
高校。(同、高校の部開催
8月28日(月)(110日目)
祐司とかいものに。これからのをすこし買いだめした。

ページトップ

母の闘病日記2006年9~12月(移植前後)へ進む

Copyright(C)2006-2014 AKIKO. All rights reserved.