母の闘病日記はじめに(説明)

母の闘病日記について

この母の闘病日記は、母が20年近くに渡り書き続けていた日記帳から抜粋したものです。母が亡くなってしばらくして公開することを決めたのですが、日記の内容を入力するのは精神的に辛い作業で思ったように捗りませんでした。遅くとも1周忌までには・・・そう思っていましたので、間に合わせることができたのは救いです。自分の日記を公開された母がどう思っているかは分かりませんが・・・。私が記述した闘病記録と合わせて読んでいただくと、内容がより理解できるかと思います。
(2007年12月19日 管理人あきこ)

以下は母の闘病日記を読んでいただくにあたっての注意点です。
  • なるべく母の書いた通りに再現したかったので、誤字脱字などもそのまま記載している部分があります。
  • 読みやすくするために、一部、句読点を追加しています。
  • ピンク色の( )書きの記述は、私が書き足したものです。
  • 初発の入院前の日記は、病気に関する記述がある日のみ、それ以降は内容に関わらず全て記載しています。
  • 登場人物は母から見た関係です。登場人物は全て実名ですが、母の日記の雰囲気を著しく変えることはしたくなかったので(イニシャルトークは避けたかったので)、そのまま掲載しました。これだけの情報で個人を特定できることは無いと思われるし、仮に特定されても何らかの悪い影響は無いと判断してのことです。
登場人物の紹介
お父さん、じぃじ
昭子、西村
翔大 孫(昭子の子)
祐真 孫(昭子の子)
宏樹
祐司
真紀 子(宏樹)の妻
よしき 子(昭子)の夫
吾郷先生、Dr. 主治医
伊東、Dr.伊東 親しくお付き合いしていた近所の方
藤原 親しくお付き合いしていた近所の方
神田 親しくお付き合いしていた近所の方
岡田 近所の方
おじいさん
内海 1番上の姉
西川 2番目の姉
河内 夫の実家
高塚 闘病仲間
永見 闘病仲間
高橋 闘病仲間(T細胞鼻型の再発・同種移植の先輩)
もとつね 仕事先
三成 仕事先、社長
加納 仕事先
中林 美容部員仲間
渡辺、ゆきえ 10代~20代の頃の美容部員仲間
山本、五十鈴 10代~20代の頃の美容部員仲間
影山 点字ボランティア仲間
塩飽 点字ボランティア仲間
点字ボランティア仲間
安藤 社宅時代、同じ社宅に住んでいた人
松本、津田、常松 不明

ページトップ

母の闘病日記2006年2~5月(発病~告知)へ進む

Copyright(C)2006-2014 AKIKO. All rights reserved.